FC2ブログ

陰陽

2013.10.19.Sat.22:30
中医学のことを学び始めたとき、一番最初に出てきたのがこれ。

CIMG5916_convert_20131019221451.jpg
「陰と陽」

中国のおっきな思想で
森羅万象、宇宙に存在するあらゆるものが陰と陽の二つの氣でできているという考え方。
陰があって陽がある 陽があって陰がある
というように、それらは互いに関わり合いながら常に変化して存在している。

例えば、
 太陽と月
 昼と夜
 男性と女性
 火と水
 表と裏
 天と地
 腑と臓
 背と腹
 実と虚
 動と静
 晴と雨 …など

どちらが良い、悪いというものではなくて
陰と陽が存在し、互いに調和がとれてひとつの丸になっている。

陰が来たら、次は陽が来る。
陽が来たら、その次はまた陰が来る。
それは、急に来るのではなくて
実は季節の変化のようなイメージで
グラデーションを描くように徐々に移り変わっている。

しかも、氣まぐれな変化ではなく
自然に添った法則がある。
言ってみたら、変化を予想できるということ。

人間にももちろん陰と陽は当てはまる。
自然の大きな流れの中で自然の一部として存在しているのだから、
季節の変化と同じように
わたしたちも自然と一体になって状態は変化している。

自然を観察しながら
自然に添って生きるというのは
それだけでもっとも自然な養生なんだなあ。

逆に言えば、自然でない暮らしは
やっぱりどこか不自然なんだろうなあ。

というわけで、「五行」のこともまた書いてみます。

今日はお味噌汁に
じゃがいもと玉ねぎと人参ときのことお揚げを入れた。
今ふと氣付いたけど
なんか今の時期にちょうどいい具材だ。

自然なり。

あ、でも今日寒かったから生姜も入れればよかったな~



スポンサーサイト



yoga

2013.10.17.Thu.23:57
明日はYOGAsmile2013秋へ行ってきます。
最近yogaしてなーい。
明日はいちにちビヨヨ~ンと伸びよう。

なくてもいいようにみえて
そうでもないんだなあ、yoga。

普段はあんまり使わないような筋肉使ったり
呼吸に意識を向けたり
脱力したり
軸を探したり
内観したり
そのときの自分を知るいい機会。

陰と陽
静と動
内と外とか。
水面が風でゆらゆらしているような
常に入れ替わりながら精度が上がっていくようなかんじを
むずかしいけど
yogaを通じて体感。



明日はどんなかんじがするのかな。
そのまんま味わってきま~す。







珈琲月間

2013.10.09.Wed.00:25
今月は珈琲月間にしよう。
のんびりしたいから。

六曜社の珈琲とドーナツ
CIMG5891_convert_20131009001914.jpg

喫茶アメリカンのピラフやホットケーキ
CIMG4533_convert_20131009001550.jpg

つく彦のタマゴサンド
CIMG5784_convert_20131009002831.jpg

喫茶ナスのカツカレー
CIMG4695_convert_20131009003020.jpg

元町サントスのホットケーキ
CIMG4907_convert_20131009003737.jpg

アイラブ喫茶店。

夜通

2013.10.02.Wed.22:57
ボンジュール☆
夜通編集長です。


夜通とは
夜スイナ通信の通称です。

キャッチコピーはこれ。
『夜な夜な通な話しませんか?』
なんです。

ちなみに通な話ってなんやろね。
な~んか深い~話がしたいのか。
じみ~に延々としたいような。
珈琲飲みながら、
寝ころびながら、
何てことないようなことに
思いをめぐらす時間だったり。
多様な考えに触れたり
人の考え方を認め、受け入れたり、
誰かと想いを共有したかったり
熱い想いを語ったり。。

こんなん話す機会って
あるようでないような。
「夜通」はいドン!と広げて、
語り合ったりできないものか、と思うのです。


CIMG5474_convert_20131002220653.jpg


2011年9月末、夜スイナこと「推拿とレイキゆらね」オープン時に第1号を発行し、
以来不定期に、日々のあれこれ、季節の養生法などをお伝えしてきました。

現在、ゆらねにて立秋号vol.13絶賛配布中です。

次号の発行は、立冬(11/7)の頃を予定しています。

今回のテーマは「食」。
「食」とひとことで言ってもイメージは人それぞれ。
「夜通」をきっかけに、へぇ~とか、ふ~んとか
あ~だこ~だ、と話題になったり、世界がちょっぴり広がったり、
そんなきっかけになるような読み物になったらいいな、と思ってます。

というわけで、
引き続き、立冬号の記者さん募集してまーす。

「食」について、あなたの得意分野で書いてください。
脱・固定観念。どんだけオモチロいもん書けるかですよ(笑)とハードルを上げてみる。
もしかしたら自分のハードル上げてるのか。。


「老若男女、書きたい人集まれ!」

原稿の〆切は10/8(火)まで
送付先はゆらねへ
info@yurane-seitai.com

ゆらね内外問わず
色んな方が楽しく参加して
いただければうれしいです。

〈詳しくは下記まで〉
推拿とレイキ ゆらね 
http://www.yurane-seitai.com


By.編集長

 

日本酒の日

2013.10.02.Wed.01:54
美味しいお酒を造ると
必然的に酒粕も美味くなる。

というのは、本当のはなし。

その酒粕と塩だけで作られた奈良漬をいただいた。

これぞ逸品(^.^)/~~~

CIMG5753_convert_20131002005522.jpg

ごちそうさまでした。

もうまもなく
今年もお酒造りがはじまるそうだ。

楽しみー!
ドキドキしてきた。

2013.10.1.

         
 | HOME |